コーディネーターが語る、成婚ストーリー

酒井のプロフィール紹介

タカシさん(仮名)という34歳の男性がご入会されたときに、自分が担当している31歳の女性会員様のミホさん(仮名)と雰囲気がとてもお似合いだと感じて、絶対彼女をいちばんに紹介するべきだというインスピレーションがありました。

ただ、お二人はライバル会社にお勤めということもあったので、ご紹介するべきかどうかはすごく悩みました。

タカシさんには初めての紹介になりますし、数多くの女性のなかから敢えてなぜ同業種の方なのかと思われるかもしれませんでしたので、まずタカシさんにそのことをお話したら、「僕は全然気にしません」と言ってくださったので、安心してお互いのプロフィール交換をしていただくところから始めました。

それからは順調におつきあいが進んでいるように思えたのですが、2か月ほど経った頃、タカシさんとは交際終了という形でミホさんが休会に入られてしまいました。

(会員の方ではなく)学生時代の先輩から交際を申し込まれ、気持ちが動いてしまったとのことでした。
交際終了となってしまった会員同士はもう二度と連絡は取らないように、個人情報も削除していただくことになっているので、タカシさんのほうに気持ちが残っていてもどうすることもできません。

お二人は本当にお似合いでしたので私としては後ろ髪を引かれるような気持ちでしたが、タカシさんにはまた前向きに次の方のご縁へと進んでいただくために新しいご紹介を始めました。

すると、それから半年後くらいでしょうか、ミホさんから「その方とはやはり結婚は考えられないので、また活動に戻りたいです」と連絡が来ました。
私はここぞとばかりに「タカシさんとのことをもう一度考えてみてはいかがですか、彼のお気持ちはきっと動くと思いますよ」と彼女に伝えました。

タカシさんのほうにも、もしミホさんが交際再開を望まれたらどうですか?とさりげなく伺ったところ、「もちろんそんな光栄なことはないです」とおっしゃられて。
タカシさんもその半年間で何度かお見合いをしていて、プロフィール交換をした女性もいたのですが、なかなか距離を縮めるには至らないというところだったんですね。

そうして、一度途絶えてしまったように思えたご縁が奇跡的に復活しました。
交際再開となったその後も、ミホさんのお父様の具合いが悪くなられてしまって、「看病のためにお父様との時間を優先したいとの気持ちから、」タカシさんとは距離を置かなければならないかもしれないという時期もありました。

休会も含めて7~8か月の交際で成婚となりましたが、ご紹介の段階から山あり谷あり、最後に大きな山を乗り越えられたという経緯がありましたし、会員以外の方とのおつきあいから戻ってこられて、時間が経っていたにも関わらず交際再開で成婚というケースは稀でしたので、私のなかではとても印象に残っているお二人です。

これはお二人ともが私の担当する会員様だったので出来たことかもしれないのですが、ミホさんのお父様の具合いが悪くなられてタカシさんとは、もうこれまで通りには会えなくなるかもしれないという状況になったとき、タカシさんには「できるだけ彼女のそばにいて心の支えになってあげてください」と伝え、同じようにミホさんにも「こんな時にこそ、そばで支えてくれる人がいる幸せを感じてほしい」と、代わる代わるフォローしていました。

タカシさんは背も高くて素敵な方ですが、物静かでご自分をうまく表現できないというようなところがあるようで、お互いに遠慮して気持ちがすれ違ってしまうのではないという心配もありましたので。

よくあるケースなのですが、「交際の初めは、お互いの生活パターンが見えずに遠慮をしたり、何時ころに電話をしたら良いのか迷っているうちに残業が続きタイミングを逃したり・・・と、連絡が取れない日が続いてしまい」でも、じつは彼女のほうはずっと電話を待っていて・・・。
そうすると、彼女は「彼は全然連絡もくれないし、気持ちがないんだと思います」とおっしゃられるんですよね。

お互いに距離を縮める努力をしないと、うまくいくものもいかなくなってしまうということは感じるんです。
気を遣い合うばかりに良いご縁を逃してしまう会員様たちもたくさん見てきているので、そういったすれ違いが起こらないように十分注意を配りながら、お二人をサポートしました。

でも、最終的には、一度途絶えてしまったご縁がまたつながったことに、お二人が運命を感じてくれたことが、結婚に結びついたのだと思います。

私がいちばん恐れているのは、一生に一度の良縁を私が気づかなかったせいで素通りさせてしまっていたり、赤い糸で結ばれているかもしれない二人を私がいつのまにか壊してしまっていたらどうしようということです。

つながるべきご縁をダメにしてしまっているのはもしかしたら私かもしれない、そのためには広い視野で見ておかなければならないという緊張感は常にあります。

一方、つながらないご縁をつなげていくのはコーディネーターとして当然の役割だと思うんですね。

タカシさんとミホさんのように、片方の気持ちが外に向いてしまっても、もう一方の気持ちは残っているということもけっこうありますので、そこを私たちがどういう形でお手伝いして、再び結びつけていけるかというところも重要な仕事のひとつだと考えています。

また、「上手く自分の気持ちを伝えられない方には、私たちがその方の想いをできるだけ汲み取り」、お相手の方に上手く表現できるように導いてあげたい。
恋愛相談というのもこのお仕事のなかの大切な時間として考えていますので、会員様にはぜひ私たちコーディネーターをうまく使ってほしいなと思います。