ご成婚カップル喜びの声

2~3回目のデートですでに彼女との結婚が自然なことのように感じました

男性 MK様 33歳 金融機関

女性 NM様 25歳 看護師

心に残るエピソード、結婚を決めたきっかけ

不思議なもので、2~3回目のデートですでに彼女との結婚が自然なことのように感じました。
その自分の感性に従ったかたちで結婚を決めました。真夏の昼という一年で最も暑い時期にプロポーズをしたことがとても心に残っています。
まるで長編の物語を体験しているような気分でした。

初めて彼にお会いしたときから、会話が本当に楽しく、なんでも素直に話せたので「この人と結婚するかもしれない」と感じたのを覚えています。
おつきあいを始めてからも、なにかと私を気遣ってくれて、その気遣いがとても自然で居心地が良く、彼とならどんな困難にも共に乗り越えていけるだろうと思えました。
心から私を大事にしてくださる方に出逢えました!

コーディネーターのサポートとアドバイスで印象に残っていること

お見合いの申し込みが次々と入ってきて、そのすべてを交際につなげていこうとしていたときに、担当の方にきちんと厳選するようにアドバイスされたことが印象に残っています。
大学受験時の複数合格や就活のときの複数内定のときと同じように直感を信じ、彼女と出会うことができました。

成婚の秘訣(活動をしている方、入会を迷われている方へのアドバイス)

コーディネーターからのアドバイスを素直に受け入れ、飾らずありのままの自分でおつきあいすることが大切だと思います。
活動する前は不安でしたが、終わってみると充実していました。

周囲からの結婚に対するプレッシャーから逃れたかったという不純な動機がありましたが、実際に活動を始めると、どのようにしたら会話が楽しくなるかを考えたりするので、自分自身の人間性を高める契機にもなります。
私は諦めかけていた頃に彼と出会えましたが、自分のペースを大切に、頑張ってください。