合コンでの出会いは結婚につながらない?!3つの本当の理由

「そろそろ結婚したいな。それなのに彼氏(彼女)すらいないし…最近全く出会いないんだよね。」「そうなの?じゃあ、“合コン”に行ってきたら!」「そうだね、ちょっと会社の人に聞いてみようかな?」……なんていうやりとりを、今この記事をご覧になっているあなたも、おそらく人生で1回くらいはしたことがあるのではないでしょうか?そのくらい男女の出会い方として、スタンダードな“合コン”。

しかしながら、合コンで知り合った人と結婚したよ!という話も、なかなか聞かないのも事実。
そこで今回は結婚に向けた出会いの場として、合コンはどういうものなのか検証していきたいと思います。

1、合コンで結婚できるか?確率は高いか?

それでは、はじめに合コンで結婚できるのかどうか、実態について把握していきましょう。
確かに合コンで出会いはあるものの、今すぐにでも結婚したい人が合コンに行くのは、実は全くもって場違いなのです。

『R25』社が「『結婚を前提とした相手』と出会いたくないシチュエーション」について、20〜30代の独身会社員男女400人(各200人)についてアンケート調査を行ったところ、出会いのスタンダードである“合コン”は、男女ともに第6位という結果に。(出典元:https://r25.jp/relationship

また株式会社メディア・マーケティング・ネットワークの「婚活にまつわる調査」の結果を見てみても、合コンが結婚に結びつく確率はとても低い傾向にあることがわかりました(出典元:https://www.mmnnet.co.jp)。

合コンは友達が開催に向けて協力してくれたりして手軽に行えるし、実際に行ってみると異性との出会いもゼロではありませんが、結婚向きな方法なのかというと、先にご紹介した二つのアンケート結果を踏まえてみると、そこには大きなギモンが残ります。

なので、もし結婚したいのであれば、ちょっと合コンに参加するのは待ってください!

2. 合コンから結婚につながらない理由

続いて、なぜ合コンが結婚につながらないのか考えていきながら、3つの本当の理由をそれぞれ見ていきましょう。
自分がこれまでに参加してきた合コンをしっかりイメージしながら読んでみてくださいね。

(1)そもそも合コンに結婚を意識してくる人が少ない

自分は、結婚を望んで合コンに行ったにもかかわらず、相手がそう思っているとは限らないのです。
R25の調査にもあったように、合コンは結婚相手とは出会いたくないシチュエーションなのです。

なので、そもそも結婚を意識してくる人はほとんどいないと思って良いでしょう。

仮に合コンでの出会いをきっかけに付き合えたとしても、「結婚したい、家族がほしい!」と考えているか、その温度感は異なっているかもしれません。

いたずらに時だけが過ぎてしまって、人生の回り道をすることになるかもしれないのです。
温度感の違う相手との結婚にはそれなりの作戦であったり、駆け引きが必要となるといってもいいでしょう。

また合コンには時に既婚者が紛れていることもあり、うっかり騙されて不倫にはまってしまうこともあるかもしれません。
合コンではそうした隠れたリスクにも気をつけなくてはなりません。

(2)好みのタイプと出会う確率が低い

「類は友を呼ぶ」とはよく言いますが、その人と全く同じというわけではないので、たとえ幹事がいい人だからといって、合コンのセッティングをお願いしたとしても、その呼ばれて参加した友達もいい人だとは限らないのです。

そして1回の合コンで異性と出会う人数は、その規模にもよりますが、きちんと話をしようとするのであれば、せいぜい3対3というのが現実的なのではないでしょうか?そうなると、出会う数という点において合コンは圧倒的に非効率で、その数が少ない中から、さらに好みのタイプを見つけるとなると、よほどのラッキーを持ち合わせてないといけないことが、自然とお分かりになると思います。

(3)結婚に向けてのコスパが悪い

合コンするとなると、飲んだり食べたりすることにとなるため、当たり前ですがお金がかかります。

(1)や(2)でお伝えした、1回の合コンで出会える数、そして「今すぐにでも結婚したいと考えている好みのタイプ」と出会える確率を考えると、果たして何回合コンを積み重ねれば、今すぐにでも自分と同じように結婚をしたい、好みのタイプの人と出会えるのでしょうか?出会えるかどうかわからないものに、何回も何回もお金を支払うのか?あなたの考え方一つです。

3、どうしても断れない合コンを、結婚に向けて活用する2つの方法

ここまでお読みいただき、合コンから結婚に至る確率はとても低いことがわかっていただけたのではないかと思いますが、時に断れない合コンに誘われることもあるかもしれません。

そんな時は、これからご紹介する活用方法を思い出してください。

男女の問題を3万件以上解決してきた、夫婦問題カウンセラーの岡野あつこ先生の著書『幸せな結婚がしたいなら年収350万円の男を育てなさい』によると、合コンで結婚相手を探すのは不向きでも、運命の人を引き寄せるために2つの活用方法があるようです。

それぞれ見ていきましょう。

(1)合コンは異性とのコミュニケーションをとる「場慣れ」

どうも結婚に向けた出会いを求めていると、自分が相手を選ぶことばかり考えがちですが、同時にあなたも相手から選ばれる立場なのです。

選ばれなければ結婚は成立しません。
なので、選ばれるようにならないといけません。

合コンは異性とコミュニケーションをとる「場慣れ」としましょう。

異性とあまり喋れなかった人も、回数を重ねれば自分をどうアピールすれば良いのかということや、相手にどういうことを聞いたらいいのかなどわかってくるので、だんだんモテ始めるという現象が起こります。

また異性に人気のある人をじっくり見て、なぜモテるのかを考えたり、研究することがポイントです。

「あの人はなんでモテるんだろう?」「ああいう話し方っていいな」などと客観的に見てみると、不思議と出会いが自然に寄ってくるようになるのです。

(2)相手を観察する、本質を見抜く目を養う

合コンはお酒が出てくるので、本音や本性が見え隠れします。

お酒が入ると自分のことしか考えてなかったり、「女がお酌をするもんだ」と言った傲慢さや横柄さが出てきたり、お礼も言えなかったりと本当にいろいろな面が見えてきます。

また合コンでは「楽しい人」「話題が豊富な人」「派手で目立つ人」に目が行きがちですが、話題が豊富で合コンを盛り上げてくれる人は、印象が強くてかっこよく見えてしまうものですが、実は自己中だったり、独占欲が強かったり、傲慢だったりすることもよくあります。

逆に常にまわりを冷静に見ていたり、さりげなくみんなに気を配ったり、人が喋っている時に喋らないようにしたり、人の話をよく聞いてくれたりしている人は、結婚してからも幸せにしてくれる人です。

人を見る目を養い、場を楽しめるようになれば、自然と出会えるようになります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?合コンで結婚相手に100%出会えないわけではないですが、出会い方としては、とても効率が悪いことがお分かりいただけたのではないかと思います。

合コンを違う角度から考えると、経済的な価値観も垣間見えます。
結婚はリアルな実生活ですので、経済的価値観も近い方が人生をともに歩んで行きやすいでしょう。

たとえば女性に知っておいてほしいのですが、合コンの参加費をケチっていると、そのレベルに相応わしい相手しか来ません。

一方で男性に知っておいてほしいのは、圧倒的に女性の支払いが少ないようであれば、男性が支払うのが当然!と、男性の収入を当てにして人生を送ろうとする相手が来るかもしれません。

結婚相手を探すには、そうした価値観や条件を自分の中であらかじめ考えておくことも重要です。
そして自分も選ばれるようになるように。

あなたが運命の人に1日でも早く出会えることを祈っています。

無料カウンセリング

『あなたに合った結婚』を一緒に考えます。

コーディネーターが落ち着いた雰囲気の中で

カウンセリングさせていただきます。

所要時間は1時間ほどで完全予約制です。


無料カウンセリング

SNSでもご購読できます。