<検証>結婚相談所にサクラが少ない理由〜答えは仕組みにあった

婚活婚活…って、女性のものだけに聞こえがちですが、実は男性の方「生涯未婚率」が高いことはご存知でしょうか?生涯未婚率とは、その字の通り一生涯独身を貫き通す人がどのくらいいるかということ。

今、男性も婚活している人がじわじわ多くなってきています。この記事をご覧になっているあなたは、結婚を目的にした男女の出会いを求めていらっしゃるかもしれませんね。

あなたはどうやって結婚相手を探していますか?合コン?婚活パーティ?はたまた婚活アプリ?そして、結婚相談所とか…出会う手段はいくらでもあるものの、気になるのは「サクラがいるかどうか?」ということではないでしょうか?こちらは人生をかけて、大切なお金も時間もかけて真剣に向き合っているのに、それがハナから騙し目的だとしたら、怒り心頭ですよね。

では、一体どの婚活サービスが一番信頼できてサクラが少ないのか?結論からいって、それは結婚相談所です。

いまそのように言われても、そもそも結婚相談所についてよくわからないし、半信半疑の方が圧倒的でしょう。

この記事では、最短距離で確実に結婚したいあなたへ、結婚相談所にサクラが少ない理由をその仕組みから解き明かしていきたいと思います。

プロフィール請求
まずは、あなたのご要望を伝えてみませんか?
理想のお相手3名のプロフィールを
無料でお送りします。
お送りする内容は個人の特定ができないよう
年齢・身長・学歴・年収等個人を特定しない
範囲の簡易プロフィールです。
プロフィール
無料カウンセリング
『あなたに合った結婚』を一緒に考えます。
コーディネーターが落ち着いた雰囲気の中で
カウンセリングさせていただきます。
所要時間は1時間ほどで完全予約制です。
カウンセリング

1、なぜ結婚相談所にサクラが少ないのか?

結婚相談所と聞くと、「ハードルが高く、相談しづらい」というイメージをお持ちではないでしょうか?実はそこがポイントで、そのためにサクラが少ないと言っても過言ではないのです。

結婚相談所の仕組みが、サクラの存在を少なくさせています。結婚相談所は「独身証明書」や身分証明書など、公的な書類を提出しなければ、婚活がスタートできないようになっています。

例えば、他の手段と考えてみると、合コンであれば、基本的には知り合いの紹介で開催されるので、顔パスで参加できます。

婚活パーティや婚活アプリであれば身分証明書の提出が求められるかもしれませんが、結婚相談所はお相手を紹介してもらうのに身分証明書はもちろん、独身であることを証明する「独身証明書」や、収入を証明する「源泉徴収書」など提出しなくてはならないのです。

つまり自分を全く偽れないのです。

お分かりいただける通り、他の婚活サービスに比べると、身分証明が非常に厳しく、サクラを紛れ込むにも手間がかかって面倒なので、倦厭される傾向にあります。

また結婚相談所は、入会金、システム登録料、そしてお見合い写真の撮影など、登録にかかる初期費用が他のサービスと比べて高いので、ちょっとお金を騙し取ってやろう程度の軽い気持ちでは登録することはなく、本気度の高い人たちでないと登録しようという気持ちにはなかなかならないので、サクラが少ない傾向にあると言えます。

2、プロの結婚相談所の見分け方

それでは、どんな結婚相談所であれば、よりサクラが存在する可能性が低くなるのでしょうか?数多くの相談所の中からプロフェッショナルなサービスを提供してくれる相談所を見分けるポイントを挙げてみます。

(1)大きな連盟に加入している

結婚相談所として運営上会員さん同士を紹介するにあたり、各社の会員さんを集めた連盟が複数あります。

それらに加盟し、そのデータを使って活動している結婚相談所なら、サクラはほぼいないとっても間違えないでしょう。

もしサクラを仕込んで、何かトラブルが発生して、他の相談所からクレームが入れば、連盟から除名させられ、今後一切の営業活動ができなくなる可能性がゼロではないからです。

(2)検索サイトでネガティヴな評判がない

いまのご時世、知りたいことがあったらインターネットで検索すれば、ほぼなんでも出てくるといっても過言ではないでしょう。

自社サイトではもちろんいいことしか書きませんから、「口コミ」が一番信頼できるかもしれません。

なので、その口コミ、体験談のところでネガティヴな評判があったら気をつけてください。

ただしケースによっては逆恨みで書いている可能性もあるので、気になることがあれば、担当者に確認すると良いでしょう。

(3)プライバシーマークなど、法令順守の資格があるか

個人情報を保護するプライバシーマークの取得をはじめ、プロとしてきちんとしたサービスを提供している姿勢があるかどうか確認しましょう。

現在は結婚相談所のトラブルを減少させ、業界のイメージ向上のために、特定非営利活動法人 結婚相手紹介サービス業認証機構(略称:IMS)が設立され、結婚相手紹介サービス業認証制度における認定事業者としての認証(マル適マーク)する仕組みも整ってきました。

こちらはまだ日本全国で13社(グループ)しか取得していません。新しくIMSを取得している相談所を探してみるのもいいかもしれません。

3、とにかく絶対サクラに遭遇したくないあなたが知っておくべき結婚相談所のルール

これまで読んでいただき、結婚相談所の選び方はおおよそご理解いただけたのではないでしょうか?選び方の次は、結婚相談所のルールも把握しておきましょう。

大前提として、結婚相談所はボランティア活動ではありませんから、一般の経済活動と同じように利益を生まなければなりません。

事業として回していくために、サービスを提供しています。あなたが日々働いているように、結婚相談所にも働いている人がいて、その人達を食べさせなくてはいけないのです。

なので、サービスの対価、つまりあなたに結婚を前提にした出会いや、結婚に向けたお付き合いのアドバイスなど、結婚までの一連の流れを提供することでお金を受け取ります。

結婚相談所を比較し、このお金の流れとルールを見ると、サクラがいるかどうかも見えてくるので、一緒に確認してみましょう。

まず結婚相談所で提供される代表的なサービス費目は、以下のようなものです。

  • 入会金:入会した時に支払う費用。結婚相談所によって支払うタイミングが異なり、支払いは後払いになっているところや、無料キャンペーンで実質無料となっているところもある。
  • 登録料:大手の結婚相談所連盟などのシステムに情報を掲載するための費用
  • 月会費:活動サポート費:毎月の活動にあたって支払う会費。相談所に登録している間、支払い続けることが多い。
  • お見合い料:結婚相談所を通して知り合った人と実際に会う機会が設けられた時に支払う費用。
  • 成婚料:お互いが結婚の意思を持ったり、その他結婚相談所が決めた規定に当てはまって結婚相談所を退会する時に支払う費用。

これらはあくまでも代表的なものです。結婚相談所によって、複数のコースが設けられ、その中でもルールが異なっていることが多いので、よく確認した方が良いでしょう。

次にこれらを踏まえて、サクラが紛れているかチェックする際に注意したいサービス費目、そしてルールを挙げてみます。

(1)お見合い料

お見合い料というのは、結婚相談所を通じて男女が会う時に支払い費用のことです。

しかし結婚相談所からとてもきれいな女性を紹介された、もしくは容姿端麗な女性から申し込みがあったという場合で、女性側のお見合い料も男性が負担するようなルールがあったら気をつけてください。

結婚相談所としてはお見合いが設定できれば、スケジュールや場所を調整するだけで売り上げが上がり、利益になりますから。

そうは言っても、あなたのことを担当してくれる結婚カウンセラーが紹介してくれる女性全てを、一概にサクラと決めつけてかかるのは良くありません。

なぜならば結婚カウンセラーは、結婚するということについて、少なくともあなたより現場を知っています。あなたのことも客観的に見ています。

客観的だからこそ、あなたに合うのではないか?という直感も働きます。なので、カウンセラーから勧められた時はすぐにサクラと決めつけないで、よく話を聞いてみたほうがいいです。

問題は相手の女性から申し込まれた時と、お見合い料の規定がどうなっているか?ということです。きっちり確認してくださいね。

(2)成婚料

こちらは、基本的にはお互いの意思が結婚しようと決まった時に支払う費用です。

しかし、この成婚料というのは結婚の意思が固まった時だけではなく、実は結婚相談所によってマチマチで、「え、それで成婚したことになっちゃうの?!」なんていう規定を設けている結婚相談所もあるのです。

これには結婚相談所の思惑があります。一つは「成婚」させて退会してもらえば、それで「成婚料」という名目で売り上げが上がるのと、もう一つは自社の「成婚率アップ」です。

結婚相談所を探る人は「一体この結婚相談所にお金を払って、本当に結婚できるんだろうか?」と、心配になって成婚率について調べるので、入会してもらうために「成婚率」がとても重要なのです。

ほんの些細な状態や行動で、「成婚」としている相談所は、自社の成婚率をアップさせるためにサクラを使っている可能性もあるかもしれません。

あなたが気になった結婚相談所は何をもって「成婚」と定義しているのか、必ず確認しましょう。

(3)交際、成婚のルール

交際したら、すぐに成婚と定義づけられている結婚相談所は、要注意かもしれません。

なぜならば、一般的な結婚相談所ではお見合いをして、お互い好印象でもう一度会いたいなと思った場合、それを業界では「交際」というのです。

一般的な交際とは少し意味合いが違うので気をつけてください。

それにしても、1回あっただけの人と、果たして何人の人が結婚を決断できるでしょうか?ですから、結婚相談所で「交際」となったとしても、必ずしも結婚に至るとは限りません。

お見合いは第一印象を確認しあう場であり、フィーリングが合うか、人生を共に歩んでいけるかどうかは、この先の二人の努力次第なのです。ですから、交際=成婚としている結婚相談所は要チェックです。

結婚相談所では交際となって付き合っていくうちに、この人は結婚と違うな…と思ったら、お互いに早々にお断りするケースはよく見受けられます。

交際=成婚としている相談所は、交際に至った時点で成婚料を払ってもらって退会させ、そして二人が数ヶ月経った頃、現状を伺うという名目で連絡し、仮にそこで別れたとわかったら、そこで再入会の勧誘をし、入会金をまたもらう…そんな仕組みを延々と続けているのです。

とにかく、各相談所の成婚の定義を確認してみてください。

4、それでも結婚相談所でサクラ、詐欺にあった時はどうする?

この記事をご覧いただき、とても用心深くなっているのに、それでも将来結婚相談所でサクラに遭遇して詐欺にあった時は、消費者センターや弁護士に相談したくなるかもしれません。

しかしながら相手もプロです。きっちりルールを守っているところが殆どです。

なので、消費者センターや弁護士事務所は、あまりにも陰湿で、法外で高額な費用を請求された、支払った時に駆け込むところと考えておいた方がよいでしょう。

しかし、それよりも何より大切なのは、二度と同じ目に遭わないことです。そのために、あなたがサクラだったはずの彼女から惚れられるくらいのいいオトコになりましょう。

「ようやくお見合いして、交際となったのに1回で終わりました。これはサクラでした。」と、嘆きもよく聞きますが、とんでもない!これはよくある話です。

先述の通り、交際といっても、一般社会の中でいえば、ちょっと知っている、「知人レベル」です。

お見合い後に、日を改めてもう一度会って「なんかやっぱり違った」と思ったら、すぐお断りが入るのは普通です。

なぜならば「交際」になって、その後一度も会わないままに終了させるとなると、結婚相談所の規定では、ペナルティとしてお相手に数万円支払うことが決められているためと、お互いに時間を無駄にしないためです。

断られたからといって、すぐにサクラと決めつけるのはやめましょう。自分の至らなかった点を反省して、客観的に男性として、自分はどう見られているのか?コミュニケーションはきちんと取れただろうか?など、次の出会いに向けて、自分磨きをしていくことです。

「ありのまま」が許されるのは子どもだけです。大人になって人生の伴侶を得たいのであれば、それ相応に努力しなくてはいけません。

ファッションを一緒にコーディネートしてくれる相談所もありますし、いいカウンセラーに出会えれば内面の魅力も引き出してくれます。

結婚相談所でどんどんあなたを磨いて、いいオトコになりましょう。

まとめ

いかがでしょうか?結婚相談所にサクラが少ない理由がお分かりいただけたのではないでしょうか。

そして、この記事をご覧いただいたあなたは、もう結婚相談所に潜んでいるサクラに脅かされることもなく、そして仕込まれたお見合いに惑わされることなく、自ら学んで、さらに自分を磨かれて、必ずや結婚という人生の幸せを掴みとっていただけるのではないかと思います。

結婚は人生を大きく左右します。素敵な家族として幸せな人生を送れる、あなたと心を共にできるパートナーと出逢えますように。

無料カウンセリング

『あなたに合った結婚』を一緒に考えます。

コーディネーターが落ち着いた雰囲気の中で

カウンセリングさせていただきます。

所要時間は1時間ほどで完全予約制です。


無料カウンセリング

SNSでもご購読できます。