結婚願望のあるアラサー女子は知っておきたい!男性が結婚相手に年齢を重要視する理由

ご自身の結婚を考えた時、誰しも何歳で結婚したいかと考えた事が一度はあるのではないでしょうか。若いうちは20代のうちに結婚したいと思っている女性も多く、その証拠として女性の初婚平均年齢は29.0歳がトップです。男性は30.7歳という結果になっています。(厚生労働省調べ)この数字からしても女性の29歳がピークというのは、30代になる前に結婚したいと思う女性が多いのが分かりますよね。

いくら20代のうちに結婚したいと思っていても、結婚は一人でできるものではないのです。当たり前ですが相手がいないと結婚は叶えられません。今相手が居ないのであれば、まずは結婚相手探しからしないといけませんね。

そこで、今回は結婚と年齢について調べてみました。1歳でも若いうちに結婚したい方は、是非参考にしていただけたら幸いです。


プロフィール請求
まずは、あなたのご要望を伝えてみませんか?
理想のお相手3名のプロフィールを
無料でお送りします。
お送りする内容は個人の特定ができないよう
年齢・身長・学歴・年収等個人を特定しない
範囲の簡易プロフィールです。
プロフィール
無料カウンセリング
『あなたに合った結婚』を一緒に考えます。
コーディネーターが落ち着いた雰囲気の中で
カウンセリングさせていただきます。
所要時間は1時間ほどで完全予約制です。
カウンセリング

1、まずは知っておきたい!年齢で結婚できる確率が確実に下がっていく

日本の未婚率が上昇して、少子化問題へと繋がっていくため、実は大きな問題になっています。そもそも結婚のタイミングを逃してしまうと、結婚できる確率が驚くほど下がってしまうのです。

2015年の国税調査調べによると30歳~34歳女性はおよそ3人に1人(34.6%)が未婚女性です。35歳~39歳では、およそ4人に1人(23.9%)と発表されています。2010年と2015年の国税調査を比較し「30歳女性が5年後に結婚できる確率」によると、100人中結婚できる人は、なんとおよそ35人しかいないのだとか…半数以上が5年後も未婚という結果になりました。

数字だけを見ても年齢を重ねると結婚できる確率が下がってしまうということがわかりますね。

2、男性の結婚適齢期について

結婚適齢期についても男女によって変わってきます。男性の場合、20代のうちはまだまだ仕事も人生経験も浅いので、結婚を考える余裕などありません。しかし30代半ばになれば、仕事上でもだんだんと責任ある立場になり収入も増え始め男としての自信がついてきます。

男性は、結婚を年齢で考えるよりも、仕事で自信を持てた時に初めて結婚を考え始めるのかもしれません。男性は、結婚すると一家の大黒柱として家族を養っていかないといけない…そうした社会的役割が潜在的に刷り込まれているので、男性の場合は仕事や収入も安定しないとなかなか結婚を考えるのは難しいでしょう。

3、女性の結婚適齢期について

初婚女性の平均年齢からしても30歳までに結婚したいと思っている女性が多いのが分かりますが、やはり女性の場合、出産や子育てを考えると男性よりも早い時期に結婚適齢期を感じるようです。

また、女性の方が結婚に憧れを持っているので、「若いうちに可愛いウエディングドレスを着たい!」「皆に祝福された素敵な結婚式を挙げたい」など男性よりも結婚に対しても憧れが強いようです。

4、男性が結婚相手の条件に年齢を重要視する理由

男性の場合、女性と違って出産のタイムリミットはありませんが、結婚し家庭を持つことを考えると1歳でも若い相手を望む傾向があります。なんと言っても、そもそも男性は本能的に若い女性が好きな生き物なのです。

とあるアンケート調査の結果があります。「男性が若い女性を好きな心理」(参照:マイナビウーマン)では、「彼女を選ぶ際に重要視することは?」というアンケート結果でも「年齢が若い」と答えた方が3位に挙がりました。

また、結婚相談所に入会している男性が女性を検索する際、10歳下の女性を選ぶ傾向があると言われています。40歳の男性なら30歳前後、35歳なら25歳前後の女性を好みます。なぜならば、システムで年齢というフィルタにかけられてしまうので女性は1歳でも若い方が有利のようです。

では、一体なぜ男性は若い子が好きなのか見ていきましょう。

(1)出産・子育て

結婚し家庭を持ち、子どもが生まれ、その後の子育てを考えると、体力のある若いうちに子育てをしたいと思うのはごく普通の事です。

特に女性の場合は、出産のタイムリミットがあります。その差は個々にもよりますが、日本産婦人科協会は、35歳を過ぎると高齢出産と定めています。年齢を重ねれば重ねるだけ、なんらかのリスクが高くなってしまうからでしょう。子どもを望む男性にとっては若い子に自分の子どもを産んでほしいと望む傾向があります。

(2)自分も若くいられる

人間は平等に歳をとっていきます。だんだんと老いていく自分を見てショックを受ける事もあるでしょう。若い子といると自分まで若くなった気がして、若かりし日々を思い出させてくれます。若い子といることで自分への活力となって、相手が年下であればいつまでも自分までもが若くいられると感じるようです。

(3)頼りにしてくれる

自分と同じ位の年齢だったり、もしくは年上だったりすると人生の経験が同じ位なので、「なんでできないの?」「そんなことも知らないの?」など、上から言われて、相手とぶつかる事も多くなる傾向にあります。

人によっては、それで上手くいかなくなりお別れする事も…男性は頼りにされたり、褒められると更に頑張ります。自分より年下の若い子と付き合うと、自分の方が社会的にも精神的にも上なので頼られる事も多く、「無知な彼女を俺が守ってあげないと!」と思えて、男として成長できるような気がするようです。

そこに女性の可愛さがプラスされるとなれば、男として力を発揮したくなる環境として文句無しなのです。

5、今からでも遅くない!理想の年齢までに結婚する方法

男性がいくら若い子が好きだからと言ってアラサー女子が結婚を諦めるのはまだ早いです。結婚相手を見つけるには、出会いを増やすこと!そこから結婚への確率は上がっていきます。

ご自身の中で「来年の誕生日までに結婚する!」などの目標を明確にして、とにかく前向きに行動していくことが大事なポイントです。どんな方法で結婚相手を見つけたらよいかご紹介致します。

(1)婚活パーティー

婚活パーティーで積極的に活動してみるのと、出会いの数を広げられます。婚活パーティーは一度にたくさんの異性と出会え、友達同士でも参加できるので気軽に活動できます。

ですが、残念ながら手軽に参加できる婚活パーティーの場合、相手の身元がよく分からないというデメリットがありますので気をつけないといけません。

(2)婚活アプリ

スマホさえあれば、いつでもどこでも相手を探せる便利な婚活アイテムですが、結婚が目的ではなく、彼女が欲しかったり、遊ぶ相手が欲しかったりする人が登録している可能性があります。出会いの数は増えますが、今すぐに結婚したい方にはお勧めできません。

(3)結婚相談所

結婚相談所には「結婚したい」男女が登録しています。同じ目的の人と出会えるので、結婚への確率は上がっていきます。ただ、結婚相談所での活動も年齢を条件とされている方が多いので1歳でも若いうちに入会をお勧めします。

婚活市場では、アラサー女性はまだ若いのです。アラサー女性は、相手を選ぶことができますが、35歳を過ぎるとだんだんと年齢というフィルタにかけられてしまい婚活が厳しくなってしまい、選ばれる婚活になってしまいがちなので、選択肢の幅が狭まります。そうなる前に一日も早く婚活を始めるのも一つの決断です。

ここで、お勧めの結婚相談所をご紹介致します。厳選された上質な会員が多数在籍している結婚相談所「CLUB O2(クラブオーツー)慶応義塾大学のOBで結成された結婚相談所であり男性会員の入会時に年収制限を設けているなど厳選された会員のみ入会できる結婚相談所です。すぐにでも結婚をしたい方は、結婚相談所に入会し同じ「結婚」という目的の方に出会う事をお勧めします。

まとめ

いかがでしたでしょうか。結婚はご自身の人生に大きく左右される一大イベントです。なので、結婚適齢期が過ぎると誰しも焦ってしまいがち。そして、歳をとればとるほど、時間の流れは早くなってしまいます。そして気が付いたらいたらアラフォーという事になりかねません。

焦って結婚し、後悔した…という事がないように1歳でも若いうちに出会いの数だけでも増やしてみませんか。

あなたにとってベストな年齢とタイミングで素敵な結婚相手が見つけられますように。

無料カウンセリング

『あなたに合った結婚』を一緒に考えます。

コーディネーターが落ち着いた雰囲気の中で

カウンセリングさせていただきます。

所要時間は1時間ほどで完全予約制です。


無料カウンセリング

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*