もう迷わない!自分に合った結婚までの活動方法・3選

独身を貫いてきたけど、気づけば周りの友だちは家庭持ちばかり…休みの日は自分の趣味や自分磨きに励んでいるけど、やっぱり一人は寂しい…実家に帰れば、両親に結婚をせかされるのも、もうウンザリ。

「婚活」という二文字が頭の片隅にあるけど、なかなか婚活に踏み切れない…そんな方も多いのではないでしょうか。実際に婚活を始めてみようと思っても、何から始めたらいいのか?と思われる方も多いようです。

そこで今回は、3つの結婚までの活動方法をご紹介。あなたに婚活について知識をつけていただき、自分に合った婚活方法を見つけだせるよう、メリットとデメリットをそれぞれご紹介します。

プロフィール請求
まずは、あなたのご要望を伝えてみませんか?
理想のお相手3名のプロフィールを
無料でお送りします。
お送りする内容は個人の特定ができないよう
年齢・身長・学歴・年収等個人を特定しない
範囲の簡易プロフィールです。
プロフィール
無料カウンセリング
『あなたに合った結婚』を一緒に考えます。
コーディネーターが落ち着いた雰囲気の中で
カウンセリングさせていただきます。
所要時間は1時間ほどで完全予約制です。
カウンセリング

1、結婚するための活動=婚活

戦前日本ではお見合い結婚が主流だったのをご存知でしょうか。近所のお世話好きなおばさんや親戚が縁談話を持ってきてくれたお見合いを経て、結婚をするというような流れでした。

当時は、現在のような自由な恋愛が、大々的に認められない時代でありましたが、戦後の日本の高度経済成長に伴い世の中の自由化が進むにつれて、結婚の形も変ってきました。

時代と共にお見合い結婚が減少し、1960年代後半からは恋愛結婚が逆転する形なってきました。恋愛結婚が主流となったことで、自由恋愛が進み自らが行動しなければ結婚相手を見つけるのが厳しい時代となりました。

その結果、日本は晩婚化が進み、少子化問題など様々な深刻な問題と向き合うことになります。そのうち自ら結婚相手を見つける活動を「婚活」と呼ぶようになりました。

誰しも一度は、「婚活」という言葉を聞かれたことがあるかと思います。そしてインターネットの急速な普及と共に婚活も様々なサービスが展開されています。

一体どのような方法があるのか、次の章から代表的な婚活方法3つをご紹介します。それぞれにメリット、デメリットがありますので、是非参考にしてみてくださいね。

2、結婚への意識が高い婚結相談所

結婚相談所を利用して婚活をしている人は他のサービスに比べて結婚意識が高いと言われています。なぜならば、結婚相談所へ入会する際は、手間がかかる書類を揃えたり、活動費用も高めだからです。

入会までにいくつか乗り越えなくてはいけないプロセスがあるので、真剣に結婚を考えている男女が活動しています。それでは、結婚の意識が高い結婚相談所のメリット、デメリットをみていきましょう。

(1)結婚相談所を利用するメリット

①結婚まで短期間

結婚相談所は他のサービスなどに比べて費用が高く設定されていますが、それは経験豊富な結婚相談所のカウンセラーが二人三脚で婚活をサポートするためです。

通常、条件から相手を検索し、さらに細かなプロフィールを見て、会いたいと思ったらお見合いという流れになります。

お互いの条件が分かった上で出会うので、例外もありますが結婚相談所での交際は、あらかじめ3ヵ月と短期間で終了するよう決められています。

お見合いから3ヵ月の間に、結婚に向けて交際を継続させるかの判断をしないといけません。「誕生日までに結婚したい!」「年末年始は婚約者と過ごしたい!」など短期決戦を望んでいる方には向いています。

②身元がしっかりしている

結婚相談所に入会するには、「独身証明書」という公的な機関が発行する独身を証明する書類の提出が必須となっています。

その他にも年収を証明できる書類として、源泉徴収票や確定申告の控え、そして学歴を証明するための卒業証明書の提出が必須となっています。

登録時に、プロフィールの虚偽ができないシステムになっているので安心して結婚相手を見つけられます。

③第三者・カウンセラーの意見が聞ける

結婚相談所に入会した場合、担当となるカウンセラーやアドバイザーがお見合いのセッティング、そして交際となった際のサポートや相談役となってくれます。

恋愛経験が少ない方や、交際に消極的な方でも、カウンセラーたちがその経験をもとに、頼もしい存在となってあなたをサポートしてくれるので安心して活動することができます。

(2)結婚相談所のデメリット

①年齢が条件になってしまう

結婚相談所は、年齢、職業、住まい、年収など細かい条件で相手を探せるシステムになっています。

特に男性は、結婚、出産、育児などを考えることから結婚相手に年齢を重要視する傾向があり、たとえ1歳でも歳を重ねてしまうと検索条件から外れてしまう事があります。

検索でヒットしないと自分のプロフィールすら見てもらえないという厳しい現実があります。つまり、結婚相談所では1歳でも若いうちに活動スタートさせることが重要なのです。

②必ず会えるとは限らない

システムで相手を検索し、自分の条件に合った人がいても必ず会えるとは限りません。

どんなに自分にとって好みの条件だったとしても、お相手からも「会ってみたい!」と思われないと、お見合いは成立しないのです。結婚相談所での活動第一歩は、お見合いに繋げるためのプロフィール作りが大事です。

③費用が高め

結婚相談所を利用して婚活する場合、入会する際に、入会金、登録料、活動サポート費といったような初期費用が掛かります。相談所によって値段は様々ですが、5万円~10万円前後が相場となっています。

活動中は、お見合い1回につき5,000円~10,000円といった値段設定をしている相談所が多く、さらに月会費を支払うという仕組みになっています。

晴れて結婚相手を見つけて成婚退会という事になった場合は、成婚料という形で相談所に支払います。成婚料は20万円~30万円と設定しているところが多いようです。

このように結婚相談所での活動は費用が高めです。経済的にある程度の余裕がある方でないと継続が難しいかもしれません。しかしながら、費用がかかる仕組みだからこそ、結婚の意識が高い方が入会している証とも言えるのです。

3、婚活アプリ

今や誰もが利用しているスマホ。そんなスマホさえあれば手軽に婚活がスタートできる婚活方法があります。それが婚活アプリ。アプリをダウンロードし身分証明書さえあれば登録可能です。

大変便利な婚活アプリですが、メリット、デメリットもあるのでみていきましょう。

(1)婚活アプリのメリット

①登録が簡単

スマホと身分証明書さえあれば簡単に登録が可能です。いつでもどこでも簡単に登録し婚活を始められます。通勤時間を利用したり、寝る前のベッドの中で好みの相手を検索したり。

気になる人がいたら直接メッセージ交換ができるので、メールやLINEのような感じで手軽にやり取りが可能です。

②低コスト

婚活アプリの場合、結婚相談所と違いカウンセラーが仲介するわけではないので、人件費や店舗代がかかりません。その分ユーザーに低コストでサービスを提供しています。

平均で毎月約3,000円~5,000円程度で利用可能なのでお財布にも優しいです。

③手軽に会える

婚活アプリの場合、実際に男女が会う事に関して制限が設けられていないので、お互いのタイミングがあれば、好きな時に好きな場所で会うことができます。

初対面でいきなり食事に行ったり、映画デートに行ったりすることもできるのです。

会うまでにメッセージ交換を重ねている関係であれば、ある程度の人柄が伝わるので、初デートでも違和感なくデートが楽しめることができるかもしれません。

(2)婚活アプリのデメリット

①積極性が必要

婚活アプリで出会った場合、カウンセラーが仲介するわけではないので、結婚というゴールまで進むには、お互いの積極性が必要となってきます。

自分からデートに誘ったり、コミュニケーションを深めていかないと辿り着くのが難しいでしょう。

婚活アプリでは交際期間が定められていないので、それぞれが結婚を目的としていないと、残念ながらダラダラと男女関係が続いてしまい時間だけが過ぎてしまう可能性があります。

②既婚者や遊び相手目的の人もいる

先ほども述べましたが、婚活アプリの場合、手軽に登録できる分、結婚が目的じゃない人が紛れ込んでいる可能性があります。既婚者や本命の彼氏や彼女がいるのに遊び相手を見つけるために登録している人もいます。

そのような悪意ある人に騙されてしまい、貴重な時間を失ってしまうケースもあります。相手が誠実な人なのかを見極める事が重要になってきます。

③地域などで会員数にバラつきがある

人口の関係で大都市に比べると地方都市では登録者数が少なく、選ぶ相手が限られてしまう。

アプリによってメンバーの居住地域は関東圏が多い、関西圏が多いなど特徴があるので、事前に登録されている地域情報もリサーチしてから利用することをお勧めします。

4、婚活パーティ

今日も全国各地で開催されている婚活パーティ。年齢や職業、趣味などでテーマが設定されていて、バラエティに富んでいます。行こう!と決めたのが開催当日でも、空きがあれば参加できるのも嬉しいですね。

最後に婚活パーティのメリット、デメリットをみていきましょう。

(1)婚活パーティのメリット

①一度にたくさんの異性に出会える

婚活パーティの場合、10対10やそれ以上の大規模で開催されるパーティもあります。一度に大勢の異性に出会えるので効率よく出会うことができるかもしれません。

結婚相談所や婚活アプリの場合、会うまでに時間が掛かりますが、婚活パーティは、まず会うことからスタートするので相手の容姿や雰囲気が分かります。

②参加費が安い

婚活パーティは、女性にはリーズナブルな料金設定をしているところが多いので、コストを掛けず参加できます。

自分ではなかなか行かないようなレストランが会場で、美味しい料理が食べられるような婚活パーティもありますし、女性はタダに近いような婚活パーティもあるので、費用を抑えて婚活したい方にはお勧めです。

(2)婚活パーティのデメリット

①身元が分からない

婚活パーティは手軽に参加できる分、参加者の情報が事前に分かりません。プロフィールの信憑性には欠けてしまうので、誠実な人なのか、不誠実な人なのかをご自身で見抜く力が必要です。

②人見知りタイプには苦痛

初対面でも誰ともで話せてコミュニケーション能力の高い人にはいいのですが、人見知りタイプな方だと、会話がなかなか弾まず、最終的に思うような結果を得られません。

何度か参加していけば、場慣れをしていくかもしれませんが、人見知りタイプな方には苦痛な時間になってしまう可能性があります。

③自分に合ったパーティに参加する

婚活パーティは様々な場所で開催されていますが、自分に合ったパーティに参加することが大事です。特に参加する際に確認してもらいたいのが、年齢層です。

アラサー限定といったようなパーティだと、25歳~34歳前後の女性が参加しています。せっかくお洒落をして気合を入れて参加しても、自分に合っていないパーティに参加してしまうと「壁の花」になってしまうかもしれません。

パーティの年齢層やテーマを必ずチェックしてから参加しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?このように婚活の活動方法は様々です。ご自身に合った方法で無理なく素敵なお相手を見つたいものですよね。

時間は有限です。方法や手段に悩んでばかりいて時間だけが過ぎてしまうようなことがないように。結婚の望んでいるのであれば、1歳でも若いうちに婚活をスタートされることをお勧めします。

この記事を読んでくださったあなたが結婚の望んでいるのであれば、1歳でも若いうちに婚活をスタートされることをお勧めします。この記事を読んでくださったあなたが結婚への一歩を踏み出していただけたら幸いです。

無料カウンセリング

『あなたに合った結婚』を一緒に考えます。

コーディネーターが落ち着いた雰囲気の中で

カウンセリングさせていただきます。

所要時間は1時間ほどで完全予約制です。


無料カウンセリング

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*