婚活で趣味が一緒って大切?「趣味コン」がオススメの理由

すっかり私たちの中で馴染んだ「婚活」という言葉。これは古くからあったわけではなく、社会学者の山田昌弘氏が提唱した造語です。

初めてマスコミで取り上げられたのが2007年とのこと。

現在では少子化が都市部よりも加速している地方自治体が「婚活パーティ」を主催したり、「結婚できないけど、結婚したい人」を応援するビジネスとして、企業や団体が様々はサービスを提供しています。

婚活がますます発展していく中「趣味コン」という出会いのイベントもよく聞くようになりました。趣味が同じ、興味が近いと聞くと、初めて会った相手でも親近感がわきますよね。

今日は結婚につながる出会いを意識している方へ、趣味コンのメリット・デメリット、そして面白い趣味コンについて見ていきましょう。

プロフィール請求
まずは、あなたのご要望を伝えてみませんか?
理想のお相手3名のプロフィールを
無料でお送りします。
お送りする内容は個人の特定ができないよう
年齢・身長・学歴・年収等個人を特定しない
範囲の簡易プロフィールです。
プロフィール
無料カウンセリング
『あなたに合った結婚』を一緒に考えます。
コーディネーターが落ち着いた雰囲気の中で
カウンセリングさせていただきます。
所要時間は1時間ほどで完全予約制です。
カウンセリング

1、素のあなたを、生き生き見せてくれる婚活…それが趣味コン

「趣味コン」って、そもそもどんなことなのでしょうか?「共通の趣味を持つ人が集まる、結婚までつながるような出会いのイベント」です。

結婚という人生の新しいステージに向けて、自分の殻を破るために、新しい趣味にチャレンジした結果、結婚に繋がった……なんていう話もあるようですね。

婚活パーティに行ったり、お見合いなどで、自分を好きになってほしい!気に入ってほしい!という想いから、異性受けして、条件として有利になりそうな趣味を始める人もいるようです。

それを極めて、実際にその趣味を好きになればいいのですが、好きでないのにずっと続けるなんてナンセンスです。

結婚は毎日の生活ですから、結婚相手にいつまでもネコをかぶっているわけにはいきません。

素のあなたを生き生き見せてくれるもの、それが本当の趣味と言えるではないでしょうか?人生のパートナーと趣味を共有できるのですから、結婚という大きな決断をする前に、そんなパートナーと出会えたら心強いものですね。

そうした観点から趣味コンを望む人が多くなってきています。

2、 趣味コンのメリット・デメリット

趣味が同じだと初対面の時から共通点があるので、昔から知り合いだったような嬉しい気持ちになるものですが、どんなことにも長所短所があるように、趣味コンでの出会いにも同様にメリットとデメリットがあります。

それは一体どんなものでしょうか?一緒に見ていきましょう。

(1)メリット

  • 趣味を通じて、休日を一緒に楽しく過ごせる
  • 趣味に関する情報を共有できて、より深く一緒に楽しむことができる
  • 趣味にかけるお金の使い方、掛け方が近いので、結婚生活に大切な金銭的価値観が近い

時に、趣味は他人から理解してもらえないこともありますが、一緒の趣味を持っていると、多くの時間やお互いの気持ちを共有できるため、唯一無二のパートナーとなれる可能性がありそうですね。

またコミュニケーションの基本は会話からですので、同じ趣味を持っていると話題に事欠くことなく、いつまでも仲良い二人でいられるのかもしれませんね。

(2)デメリット

  • いつも一緒にいて息がつまることになる
  • いつも一緒にいるのでマンネリ化しやすい
  • 趣味のレベル、程度が違うとケンカすることもある
  • 恋愛モードになりにくい

趣味が一緒でも、「好きレベル」「のめり込む程度」は人それぞれ。

どちらかが力が入りすぎていると、自分の主張や自分の世界が全面的に出てしまい、その熱意についていけないと、同じ趣味であっても、結果として上手くいかない可能性があります。

また同じ趣味だと、「仲間」という意識が先行してしまい、恋愛・恋人モードにスイッチが切り替わりにくい人もいるようです。

3、趣味コンの種類、パーティやイベント以外だとどんなところへ行けばいいの?

同じ趣味を持つ結婚相手と出会えるかもしれない、とても気になる趣味コン。

趣味コンと検索すれば、各社が開催しているパーティやイベントがたくさん出てきますが、その他に方法はないのでしょうか?ここでは、どんなところに行って、どうしたらいいのか、3つの方法とそれぞれの特長をみていきましょう。

(1)趣味のサークル・同好会に所属する

昔から言われている「同じ釜の飯を食う」ことを狙いましょう。同じチームに所属すれば、自然と仲良くなり、親しい間柄になれ信頼関係も生まれやすいものです。

しかしながら、こうした団体は目的が結婚することではなく、趣味を楽しむことなので、メンバーの中には結婚している人もいれば、そもそも結婚したくない人もいるかもしれませんので、その点は心得ていた方が良いでしょう。

(2)婚活アプリを使ってみる

婚活アプリに登録する際、プロフィールを作成します。そこで自分の趣味を登録すると、同じ趣味を持っている異性を検索することができるのです。

例えば代表的な婚活アプリの一つPairs(ペアーズ)では「コミュニティ」という機能があります。

こちらの「コミュニティ」では、例えば「映画鑑賞」「スポーツ観戦」といっても、一つひとつがとても細分化されています。

「●●が好き!」と作品名や競技名など、具体的に検索できるので、より価値観が近い人が見つかるかもしれません。

婚活アプリは、独身者以外が紛れてトラブルになったり、実際に会うまでに自力で漕ぎ着かないといけないので、自己責任で頑張れる人には良いかもしれません。

(3)結婚相談所に登録してみる

そもそも結婚相手と出会うところ……それが結婚相談所なのですが、年収や職業だけではなく、趣味でもお相手をきめ細やかに探すことができます。

結婚相談所なので、お相手は「結婚したい独身者」に限られますし、またカウンセラーに「同じ趣味の人を探してほしい」と依頼すれば、あなたの代わりにプロフィールからお相手を見つけてきてくれるので、仕事で忙しくてもタイムリーに出会うことが可能です。

最近は入会前の見学時に、結婚相談所に登録している異性の情報を調べてもらうことができるところもあるので、「●歳までに結婚したい!」と思っている方は、一度結婚相談所を調べてみるのも良いでしょう。

結婚相談所で趣味をテーマにしたパーティを開催することもあるので、そちらもチェックするといいですね。

4、こんな趣味コンなら行ってみたい!

趣味コンは、どんどん進化しています。

スポーツ好き、アニメ好き、ゲーム好き……など定番のものから、パーティのテーマが個人の嗜好だけではなく、ガチガチの趣味としていなくても、誰でもフラットに参加しやすい趣味コンも出てきました。少し変わったテーマの趣味コンを3つお届けします。

(1)パンを買ってピクニック

「アウトドア好き&パン好き」さんたちが集まって開催するパーティです。

BBQとなると、準備などハードルが高く敬遠してしまうけど、そこまでハードルは高くなく、空を眺めたり、風を感じながら食べる外ゴハンが好きな人たちが、お気に入りのお店のパンを持ち寄って集まります。

ピクニックは、結婚して家族となった後、どんな風に休日を過ごすのかイメージさせるのもいいですね。

(2)アロマオイル作り

実は見た目以上に、異性を引きつける要素が強いのが「香り」です。というのも、香りは脳に直接働きかけるので、遺伝子を残すという人間のもつ子孫を残したいという本能に直結するのです。

子供が欲しいので結婚したいという方も多いのではないでしょうか?心地よいと思う香りが一緒の異性が見つかれば、それは運命の出会いかもしれませんね!

(3)暗闇ディナー

元々は、スイスで視覚障害者の働く機会を増やすために始まった暗闇の中でのレストランを、婚活パーティへ発展させたもの。「視覚」「聴覚」「触覚」「味覚」「嗅覚」という、人間が自分以外のものを知る五感から、「視覚」を排除。

つまり「見た目」を除いた、その他の要素から相手の本質を見抜くのです。

「人は見た目が9割」という本が出たように、出会った時に私たちはかなりの確率で見た目でフィルタリングしています。

ですから、自分の本能が研ぎ澄まされた中でのお相手を選ぶというこのパーティでは、ハートとハートが繋がる、本質的な意味でのパートナーと出会えるかもしれません。

なお定番の趣味コンは、こちらの2つのサイトから見てみてくださいね。

  • 街コンジャパン

https://machicon.jp/interests/

上場企業が運営している、日本最大級の街コン・パーティー情報の総合ポー タルサイト。

趣味コンはもちろん、年代や一人参加、合コン形式の少人数パーティなどキーワードから、自分にぴったりのイベントが探せる。

  • ルーターズ

https://www.team-rooters.com

年間1万回近いイベントを開催。レディースデーを設けて費用負担が少なく参加しやすい仕組みや、満足いかなければ返金してくれるシステムもあり、初めてでも参加しやすい。

5、趣味について語る時、こんなところに気をつけよう!

趣味について話すことは、出会ったばかりの二人がお互いを知るための行為として、距離を縮めるためにもとても有意義ですし、その先にある結婚生活に近いかどうか、検討するためにも必要です。

しかしながら、自分の事を思いのままに語ることは、相手に誤解されることもあります。

趣味について語るとき、まずは相手の話を聞く、そして熱く語らない!ということを忘れないでください。男性でも女性でも、自分の話を聞いてくれる存在はとても嬉しいものです。

自分の趣味に関する話であれば、なおさらでしょう。話を聞いていると相手が、どのくらいの熱意なのかわかると思います。

そして、自分が話すときは、出会ったばかりの頃であれば熱く語りすぎず、「やっていると楽しい」というスタンスで話すのが良いでしょう。

熱く語るのはその後!お互い好印象を持って何回か会うようになってからでも十分間に合います。

出会いからお付き合いまでに発展させるために大切なことは、まずは相手を知ること、そして自分を知ってもらうことです。

趣味はきっかけ作り、そして絆を深められるものというものであり、同じ趣味だからといって、必ずしも相思相愛になれるわけではありません。

趣味コンでも、お相手とフィーリングが合うことが必須であり、大切であることには変わりないのです。

一人で勝手に熱くなりすぎて、せっかくの出会いを自爆して失わないように気をつけましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?気軽に参加した趣味コンから、意気投合して趣味婚へ…なんて、なるかもしれませんね。結婚は長い人生を共に過ごすこと。

その長い時間を過ごしていくにあたり、趣味という、お互いが夢中になれること、楽しくて心地よく感じる時間を一緒に過ごせるというのは、毎日を彩り豊かにしてくれます。

趣味はあなたの生き生きした姿を作り出してくれるもの。人生のパートナーと一緒に輝くことができたら、よりいっそう楽しいことでしょう。

あなたの趣味はなんですか?趣味を通して、素敵なお相手と巡り会えますように。

プロフィール請求

まずは、あなたのご要望を伝えてみませんか?

理想のお相手3名のプロフィールを

無料でお送りします。

お送りする内容は個人の特定ができないよう

年齢・身長・学歴・年収等個人を特定しない

範囲の簡易プロフィールです。


資料請求

SNSでもご購読できます。