結婚前に知っておきたい!結婚のデメリットを回避した結婚のカタチ

仕事一筋で働いてきたけど、気づけば周りは家庭を持ちばかり。仕事も落ち着き、時間にも余裕ができたのでそろそろ結婚しようかな…と思い始める独身男性も多いのではないでしょうか。

では、一体あなたの思い描く結婚はどのようなものでしょうか?
特に男性は結婚に対してマイナスなイメージをお持ちの方も多いようです。なぜならば、結婚によって背負うことや負担しなければならない事が多くなるからです。独身生活が長い人ほど、結婚する事のデメリットを感じてしまっていないでしょうか?

例えば、独身生活の長い男性は、身の回りの家事などは自分でこなせる方が多く、身の回りの生活のためだけに奥さんを必要としません。結婚にそれ以上のメリットがなければ、あえて結婚しようとは思わないでしょう。独身生活が長ければ長いほど結婚へのメリットが薄くなっていくようです。

そこで今回は、独身男性が感じている結婚に対するデメリットとその回避法について調べてみました。回避法を知ればあなたの結婚に対してのイメージが変わるかもしれません。


プロフィール請求
まずは、あなたのご要望を伝えてみませんか?
理想のお相手3名のプロフィールを
無料でお送りします。
お送りする内容は個人の特定ができないよう
年齢・身長・学歴・年収等個人を特定しない
範囲の簡易プロフィールです。
プロフィール
無料カウンセリング
『あなたに合った結婚』を一緒に考えます。
コーディネーターが落ち着いた雰囲気の中で
カウンセリングさせていただきます。
所要時間は1時間ほどで完全予約制です。
カウンセリング

1、 結婚することで起こる大きなデメリット4つ

1-1 自分の時間がなくなる

独身であれば、どんな遅い時間に帰ろうが、休みの日に趣味や好きな事をして自由きままに自分の時間を使えますが、結婚したらそうはいきません。子どもが出来たらなおさら自分の時間は減っていきます。

自分の時間を削り、貴重な休日は家族のために使うことになります。独身であれば自分だけに使えた時間も制限されてしまうので、特に時間を奪われてしまうことを結婚のデメリットに感じてしまうでしょう。

1-2 経済的に責任を持たなくてはいけない

結婚して家庭を持つと家族を養っていかなければいけません。汗水流して働いたお金も家族の生活の為に使い、世の男性は結婚するとお小遣い制になってしまうことも多いでしょう。

そしてもし将来家族のためにマイホームを購入するとなると多額なローンを背負うことにもなり、子供が出来たらその教育費もかかってきます。男性は結婚することで経済的に大きな負担を背負う事になります。

1-3 交友関係が制限される

独身であれば、友達と好き勝手に遊べますが、結婚したらそうはいきません、大抵の女性はやきもちや束縛をしてきますし、特に女性問題はケンカの種ですし女遊びが好きな人は結婚生活には向いていません。

女遊びだけではなく男友達が多く頻繁に飲み会や遊びに誘われるような人は、結婚後は交友関係をもセーブしないといけません。

1-4 仕事に制限を受けやすい

バリバリ働き仕事が第一優先になっている男性にとっては、結婚することによって仕事がセーブされてしまう事が苦痛です。なので、仕事が趣味と言い切れるくらい仕事が大好きな人にとってみたら、結婚は時間を奪われることになります。

あなたの仕事に対して理解がある奥さんなら、陰であなたを支えてくれる存在になりますが、反対に奥さんが寂しがり屋や相手に依存してしまうようなタイプだと仕事をセーブせざるを得なくなるかもしれません。

2、 結婚のデメリットを回避した結婚生活を送る方法


前項では結婚のデメリットを見ていきましたが、残念ながらそれだけをみてしまうと結婚に対してマイナスのイメージしか持てません。ですが、結婚のデメリットを回避するようにしておけば、あなたの理想の結婚を叶えられるかもしれません。

夫婦も十人十色で結婚のカタチも様々です。早速、デメリットを回避する方法を見ていきましょう。

2-1 仕事を邪魔されたくない、一人の時間も大事にしたい方には…「週末婚」というカタチ

週末婚というのはその名の通り週末だけ一緒に過ごす夫婦のカタチです。週末婚のメリットとしては挙げられる事は、

・お互いのビジネススタイルを保てる
・いつまでも新鮮な気持ちでいれる
・相手に依存しすぎない

特に仕事が忙しく平日は仕事に集中するためや、お互いのライフスタイルを尊重するために、週末婚というカタチを選ぶ夫婦もいらっしゃいます。自分の時間を奪われず、お互いにとっていい距離感を保った関係で居られ、普段一緒に居られない分、週末は新鮮な気持ちで二人の時間を過ごせます。

仕事や趣味など、結婚してもお互いのライフスタイルを変えずに結婚生活を送りたい方には週末婚というカタチがいいのではないでしょうか。

週末婚のデメリットとしては、生活費が掛かりやすいことやコミュニケーション不足になりがちになってしまいます。住居費なども2倍になってしまいますので、ある程度の収入がないと難しいでしょう。またコミュニケーション不足は、週末はパートナーの為に時間を空けておく、平日は電話やSNSなどで連絡を取り合うなど、離れていてもお互いを気にかけコミュニケーションを取る姿勢が大事です。

2-2 生活を共にしなくても良い関係を築きたい方には…「別居婚」というカタチ

別居婚とは、結婚当初から住居を別々にして暮らすカタチを「別居婚」といいます。世間では、結婚生活の途中から別居する事は「別居婚」と呼ばれておらず、あくまでも結婚当初から別居のカタチを選ぶ夫婦を指します。

別居婚も、お互いの時間を奪い合う事がないので結婚生活に束縛されません。一つ屋根の下で暮らしていると、疲れて家に帰ってきてもパートナーの話を聞かなくちゃいけなかったり、家事の分担があったりと、共に生活していく上で、それぞれに役割が課せられます。別居婚であれば、お互いに好きなライフスタイルを貫いた、自分の時間を奪われることなく生活が送れます。

特に仕事の打ち込みたい方、仕事で家を留守にしがちな人でも別居婚と割り切って生活することで精神的にも余裕ができ、お互いの関係が上手くいくこともあります。
別居婚の場合のデメリットとしては、こちらも週末婚と同じように生活費が二重にかかり、コミュニケーション不足になりがちです。

別居婚はお互いの理解や信頼関係の上で成り立つ結婚のカタチですので、ある意味、別居婚で上手くいっている夫婦は、信頼と絆が強いといえるかもしれません。

2-3  「婚前契約書」を結んでしまうカタチ

「婚前契約書」という言葉をご存知でしょうか?日本ではあまり聞きなれない言葉かもしれませんが、アメリカやヨーロッパなどは契約社会なので入籍する前に結婚生活に関して契約を交わすカップルが多いようです。

日本でも、この婚前契約書を入籍前に作成することが可能です。例えば、浮気をしたら○万円支払う、暴力を振るったら離婚するなど、特に揉め事になりやすい生活費の分担や、離婚時の財産分与などお金の事について、入籍前に決めておくカップルも多いようです。特に経営者やプロスポーツ選手など、収入が多い方には馴染みがあるようです。

先ほども述べましたが、日々の結婚生活においても、離婚となった場合でも、一番揉めるのがお金の問題なので、精神的にも経済的にもダメージを負わないようにする為に婚前契約書交わしておくのも、デメリット回避に繋がります。週末婚や別居婚を、結婚の約束事として取り入れる事も可能です。

しかしながら、週末婚や別居婚はあくまでもお互いが望んでいる場合でないと成立させるのは難しいでしょう。当たり前ですが、婚前契約書も「契約」なので、一方的な要望だけでは取り交わせません。その辺りは、お互いに納得するよう十分な話し合いが必要ですね。

3、 デメリットだけじゃない!結婚のメリット4つ


結婚のデメリットとその回避法を見てきましたが、もちろん結婚はデメリットばかりではありません。メリットがなければ誰も結婚はしませんし、結婚することで得られる幸福感や安心感があるからこそ、その道を選ぶのです。

ここでは結婚のメリット4つをみていきましょう。

3-1 心配してくれる存在、支えてくれる存在がいる

体調を崩し一人寝込んでいる時、「そばで看病してくれる人がいたらいいな」と孤独を感じたことはないでしょうか?特に心身共に弱っている時は、誰かがそばにいてくれるだけで精神的安定を得られます。

結婚したら体調を崩した時だけではなく、仕事でミスをした時、悲しい事が起きた時、自分が弱っている時にいつも伴侶がそばで応援してくれ、苦楽を共にくれます。感情を共有できる存在が身近にいるという事は、この先の人生で孤独を感じることなく生きていけるのではないでしょうか。

3-2 自分の子どもが持てるかもしれない

結婚し家庭を持ったのであれば、ゆくゆくは子どもを望む方も多いでしょう。自分の子を授かり親になるという事は、自分自身の成長にも繋がります。

そしてなんといっても子は宝です。愛する家族ができるということは、あなたの人生を更に豊かにしてくれます。自分のこと以上に愛し、無償の愛を注げる存在が子どもなのないでしょうか。

そんな自分の思いに気がついた時、あなたは人として成長しているのかもしれません。

3-3 社会的信頼を得られる

結婚適齢期を過ぎてくると周囲から「結婚の予定は?」と聞かれたり、たとえ言われなくてもそのような視線を感じたことはないでしょうか。

日本の平均結婚年齢が上がってきているとはいえ、結婚適齢期を過ぎたら結婚するのが「当たり前」という社会の常識は根深いでようです。大企業では、結婚は出世に響くとも言われています。

なぜならば、大きな仕事を任せる上で責任感が重要視されます。結婚し家族を養っているということは、責任意識が高いとみられ結果、社会的信用に繋がっていくのです。

3-4 家事を任せ仕事に集中できる

結婚したら家事を任せたり、負担が半分になるので、その分安心して仕事に打ち込む事ができるようになるかもしれません。掃除、洗濯程度なら男性一人でもこなせるかもしれませんが、これから先何十年も毎日自炊するのはなかなか難しい事ではないでしょうか。

外食もいいですが、悪い食生活で不規則な生活を続けていくと、年齢を重ねた時、思わぬ病気を引き起こしたりし、身体に影響が出てしまうことも…結婚したら奥さんにバランスの良い手料理を作ってもらえる事は、一つの大きなメリットではないでしょうか。

綺麗に片付いた部屋に美味しい手料理が待っていると思うと、早く仕事を終わらせ、家に帰りたいという気持ちになりますよね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今の日本は晩婚化が進み、夫婦のあり方、結婚のカタチも様々になりました。結婚したら一緒に暮らさないといけない、結婚したら男が養っていかないといけないという昔ながら風習は変わりつつあります。お互いを尊重し理解することで結婚のカタチが変わってきます。

結婚するとパートナーが居る事で精神的な安定や、癒しを得られます。そして結婚する事で今まで知らなかった自分を見つけられることもあります。結婚のデメリットばかり考えていたら一生独身で終わってしまうかもしれません。

自分自身を知るためにも、生涯に一度くらいは結婚を経験してみるのもいいかもしれませんね。

プロフィール請求

まずは、あなたのご要望を伝えてみませんか?

理想のお相手3名のプロフィールを

無料でお送りします。

お送りする内容は個人の特定ができないよう

年齢・身長・学歴・年収等個人を特定しない

範囲の簡易プロフィールです。


資料請求

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*